このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

イ−400型 潜水艦(潜特型)

"I-400" Class Submarines (Type"Sentoku")


イ−401
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)5,223t6,560t全長:(全)122.0m
出力:7,700hp2,400hp全幅:12.0m
最大速力:18.7kt6.5kt吃水:7.02m
航続距離:14kt-37500浬3kt-60浬乗員数:157名
燃料搭載量:重油 1,750t安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式22号10型ディーゼル機関×4基、2軸推進
武装:
【魚雷20発搭載】53cm魚雷発射管8門(艦首8)
40口径14cm単装砲1基、25mm3連装機銃3基、25mm単装機銃1基
特殊攻撃機「晴嵐」3機搭載(射出機1基)

同型艦名(3隻+未竣工2隻:背景色灰色のものは未竣工艦)
イ−400"I-400"イ−401"I-401"イ−402"I-402"イ−404"I-404"イ−405"I-405"

イ−400型潜水艦(潜特型)について
 航洋潜水艦が開発されて以降、各国はこぞって航空機搭載潜水艦を試作しているがこのアイデアを実 戦で使用したのは日本海軍だけであった。ほとんどは水上偵察機の搭載であったが、1942年の計画 で建造されたこの「イ−400」型はパナマ運河攻撃を念頭に置いて建造された『潜水空母』である。
 遠い攻撃目標へ到達するために長大な航続距離を持ち、浮上時の交戦も考慮して砲・対空装備も搭載 されている。水上攻撃機「晴嵐」は この「イ−400」型に搭載するために開発された水上攻撃機で、艦橋と一体化した水密格納筒に一部 分解して格納されている。
 しかし戦局の悪化により敵地攻撃は考えられなくなり、「イ−402」は航空燃料輸送用の潜水タン カーに改造されている。また「イ−405」は工事中止で解体、細々と建造が続けられていた「イ−4 04」も空襲で損傷し終戦直前に連合軍への接収を恐れ自沈処分されている。
 竣工した3隻(イ−400〜イ−402)は終戦後米軍に接収され、検証後に海没処分されている。 この時の検証結果は米海軍の大型潜水艦(特に初期のミサイル搭載艦)開発に大きな参考となったよう だ。

イ−400潜水艦(潜特型)の歴史
「イ−400」 
1943年 1月18日呉工廠にて起工
1944年 1月18日進水
     12月30日竣工
1945年 8月29日作戦行動中終戦を迎え、金華山沖にて米駆逐艦に拿捕される
      9月15日除籍。米軍に接収される
1946年 1月ハワイに回航され調査検証される。6月4日ハワイ近海で海没処分
「イ−401」 
1943年 4月26日佐世保工廠にて起工
1944年 3月11日進水
1945年 1月 8日竣工
      8月29日作戦行動中終戦を迎え、三陸沖にて米潜水艦「セグンド」に拿捕される
      9月15日除籍。米軍に接収される
1946年 1月ハワイに回航され調査検証される。5月31日ハワイ近海にて海没処分
「イ−402」 
1943年10月20日佐世保工廠にて起工
1944年 9月 5日進水
1945年 7月24日竣工
      8月15日呉港にて終戦を迎える
     11月15日除籍
1946年 4月 1日五島沖にて海没処分
「イ−404」 
1943年 8月11日呉工廠にて起工
1944年 7月 7日進水
1945年 6月 4日95%完成時点で工事中止。7月24日倉橋島沖で航空魚雷にて自沈処分
1946年12月 9日引き揚げ。翌年解体処分される
「イ−405」 
1944年 9月27日川崎重工泉州工場にて起工
起工直後に工事中止命令。解体される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,04,01(First Up 1999,06,20)